オキシトシン 幸せスキンシップ

オキシトシン
脳の下垂体後葉から分泌されるホルモン(ペプチドホルモン)で
心に作用し【信頼する気持ちを強める】とされています。
オキシトシンは哺乳類だけが持っているホルモンで、心が癒される、幸せな気分になるという効果があります。
また、性や妊娠出産、授乳にも深く関わっており、分娩時にはオキシトシンの分泌により子宮収縮を促し、お腹の赤ちゃんを産道へと導きます。陣痛を促進させるために点滴に使われているのもオキシトシンです。
母親が出産し、赤ん坊を育てることに直結したホルモンとして、オキシトシンは昔からよく知られていました。生まれて間もない赤ちゃん(でなくてもいいそうです-_-b)がお母さんの乳首を吸うと、それが誘因になり、お母さんの脳からはドバッとオキシトシンが分泌され、母乳の合成と分泌を促進させるのです。

ここ10年の研究では、オキシトシンは母親だけが出すものではなく、母親になっていない女性も、また男性も、年齢も関係なく、分泌されることもわかってきました。

とくに最近になってオキシトシンが母乳を出すように促すだけでなく、母性愛と関係することがわかってきました。さらに信頼や男女の愛情と関係して分泌されるということもわかってきたのです。母性愛という心の状態だけでなく、信頼という心の状態、男女の愛情という心の状態をつくり出すということで、急激にこのオキシトシンというホルモンの役割が注目されはじめたのです

促進のポイントは【ふれあい】

 

頭をなでなでしてあげるだけでもオキシトシンは分泌されます。

親が子供をなでてあげたり、恋人同士のスキンシップなどのふれあいによりオキシトシンは分泌させ、人を幸せにするのです。

 

☆あーす治療院☆

予約電話番号 090-1665-4811



「オキシトシンの効果」

オキシトシンはヒトの社交性に作用し、【信頼】の気持ちを高めます。

 

子供は親とのスキンシップによって信頼を深め、親は子を大切に思い、恋人達は愛を深め合うのです。

また、協調性も高まるので仲間と協力する気持ちや、その人のために何かをしてあげたいという愛他的な気持ちも生み出します。

「人見知り改善」

人見知りなタイプの人がオキシトシンを分泌させる、またはオキシトシン鼻スプレー(点鼻薬/鼻の粘膜から吸収させる)を使用する事によって人見知りの改善効果が期待されています。

また、人の顔と名前をおぼえるのが苦手なタイプの人、または仕事の都合上多くの人の顔と名前を覚えなければならない場合、オキシトシンの分泌させ相手に親しみを持つ事により、より多くの人の顔と名前を覚える事が出来ると言われています。

「アスペルガー症候群など自閉症の症状改善?」

社会性、コミュニケーションの部分に特異性発達障がいを持つアスペルガー症候群(高機能自閉症)の人は、オキシトシンの濃度が低いという調査結果もあります。

オキシトシン点媚薬を投与する事によって、協調性・社交性を生み出し、この自閉症の症状を改善出来るのではとも考えられ、これらの研究がさかんに行なわれているそうです。

「オキシトシンにも副作用が」

オキシトシンの分泌は【信頼】を生み出しますが、その反面、警戒心が薄れるので人を信じやすくなり、悪意のある相手だと騙されたり詐欺にあったりする危険も考えられます。
特定の人間に感情移入してしまう事によって公平な態度がとれなくなったり、贔屓(ひいき)の気持ちが強まる場合もあります。

実は、人と人の結びつき、信頼こそが、脳の疲れを癒してくれるということが、脳科学の立場からも検証されはじめています。

オキシトシンセロトニンは関係していて、オキシトシンが分泌されるとセロトニン神経に影響を与え、セロトニン神経も活性化されます。オキシトシンセロトニンが十分に分泌される生活は、心の疲れを癒し、心に充足を与えてくれるのです。

脳内にセロトニンオキシトシンを十分に分泌する、誰でも簡単にできる方法をあげておきましょう。


☆朝日を浴びる(朝型生活に)。
☆朝と夕方に30分程度歩く(あるいはジョギング、サイクリング、スイミングなどのリズム運動を30分程度)。
☆呼吸法をする(これもリズム運動の一種です)。
一日の中で何回か5分程度、腹式呼吸をする(ヨガ、気功、坐禅などは呼吸法)
↑↑↑
これら上記はセロトニン神経を活性化します。


☆家族団らん
☆夫婦、恋人とのふれあい
☆感情を素直にあらわす
☆親切を心がける
↑↑↑
上記はオキシトシン分泌を促し、セロトニン神経も活性化させます。

これらの行動から人間関係がうまくいき、気分よく生活することでオキシトシンが分泌されることがわかると思います。オキシトシンが十分に分泌されると、脳の疲れがとれるだけでなく、体をも健康にするのです。

近年注目されている、オキシトシンの効果をまとめると、次のようなものです。

☆人への親近感、信頼感が増す。
☆ストレスが消えて幸福感を得られる。
☆血圧の上昇を抑える。
☆心臓の機能をよくする。
☆長寿になる。

オキシトシンが分泌されると、脳内では「脳内物質」として働いて心を変え、さらに血液中のホルモンとなって体にも効くのです。

益々これからの時代は日本でもハグ、握手など自からが進んで求めていけるふれあいのスキンシップ法や整体、マッサージなど受け身でも得られる【ふれあい】【スキンシップ】効果はさらに注目は高まってくるでしょう☆

特に脳内【幸せホルモン】分泌促進に特に有効だという事がお判りいただけたと思います。

 

 

 

音楽の脳に与える影響♪

自分の精神状態を一番いい状態で維持したいなら自分の脳に催眠(暗示)をかけ続けることです。
たとえば「自分の好きな音楽」や「自分の声」は完全に受け入れます。
その時、脳は比較的、あるいは防御的な意識を持っていません。
左脳は普段、批判、論理構築、計算、ロジック分析などの仕事をしています。左脳は健在意識をコントロールし、生まれてから習った理性的知識を貯蔵する「現代脳」と言われています。
対して右脳が普段、どんな仕事を担当しているかというと、行動、イメージ記憶、感情、美術、図形などに関するものです。
右脳は潜在意識をコントロールし、人類の誕生から現代まで進化してきた遺伝子のすべての情報を貯蔵していると考えられています。最新の研究結果によると、脳に貯蔵されている情報はほとんど右脳にあります。そのため、右脳の潜在意識は左脳より数百万倍も高いといわれています。
音楽を吸収するのは右脳です。だからポジティブな音楽を聴くことはかなり重要です。音楽は左脳による審査なく、直接右脳に入り、潜在意識に入り込みます。音楽の与える影響は、私たちにとって、とっても大きいのです。